2020/02/07 09:00


スタッフのマサコです。
中学校のオープンキャンパスに行ってきました。⁠
最近の中学校は、プログラミングや⁠3Dプリンターなど、⁠
テクニカルで興味をそそる授業が⁠揃っていて、羨ましいなーと⁠
こちらがワクワクしてしまいました。⁠
今年の9月からこの学校に通うのは⁠10歳の長男。⁠
フランスの学校は、小学校は5年間、⁠中学校は4年間、高校は3年間と、⁠
日本とは少し区切りが違い、⁠小学6年生にあたる学年が⁠中学1年生なのです。⁠
しかも学年の始まりが9月なので⁠さらに早まっている気が...⁠
通い始める時は、日本での⁠小学5年生になっているとはいえ、⁠今はまだ小学4年生。⁠
最近たまにおでこに⁠ちっちゃいニキビができたり、⁠私と靴のサイズが一緒だったり⁠、
うっすらスネ毛が生えていたり⁠(毛深い家系だからやむなし。笑)⁠成長を感じることがあっても、⁠
7歳の弟とおもちゃのことで⁠必死にケンカすることもしばしば。⁠
中身はまだまだ子どもなのです。⁠
と、思っていたのに、⁠
翌日、夫と2人の時に、⁠クラスのいじめっ子に歯向かった⁠武勇伝を話したそう。⁠
その話を夫から聞いて⁠私がザワッとした理由は、⁠武勇伝の内容ではありません。⁠
話が伝わるルートがいつもと違うから。⁠
あれ、いつもそういう話は⁠まず私にしてくれるのに、なんでパパ?⁠
ついに男同士の話をするお年頃がやってきたの⁉︎⁠
という「ザワッ」です。⁠
「もうpetit garçonじゃないよ。」⁠と、何かと子ども扱いしてしまう私に⁠夫は言います。⁠
いつもは軽く受け流していたのだけど、⁠よし、そろそろ接する態度を変えていこう!⁠
と、決意をした週末でした。⁠

【今週のオススメ商品】
学校説明会などでパンフレットや書類をたくさんもらいそうな予感がするときは
こちらの商品を持っていくと便利です。
ちょうどA4サイズが入るサイズなので、ちゃんと整理できて落として無くしてしまった、
ということもありません。
もちろんお仕事でも大活躍です♪