2020/03/13 15:00


という映画を、子どもたちと一緒に、共感あり、笑いあり、涙ありで観ました。
(泣いていたのは私だけですが)

タイトルを聞いてドキッとした人は、きっと、深刻でなくとも、
同じような思いが一度は頭をよぎったことがあるのではないでしょうか?
(私は、あります><) 

私の個人的な感想ですが、タイトルから受ける印象ほど深刻ではなく、
子育てに奮闘する「ママの子育て」に焦点があてられた心温まる作品です。

命を生み、育むことの難しさや苦悩、そして喜びや偉大さ、と同時に、
子育てに悩み、つまずき、それでも前を向くママと
その家族の歩みが紹介されています。

産後うつ
パートナーシップ
仕事と子育ての両立
子どもとの関係性
自分の親との関係

など、いろいろなテーマが入り混じっているので、
観る人の子育てステージやいま現在の関心軸によって、
感じ方もさまざまなんだろうなと思いながら観ました。

観たあとは、ほんわか優しい気持ちになり
子どもたちが
「ギューして〜」
「私が産まれたときはどうだったの?」
「赤ちゃんもう1人欲しい〜」(ムリ〜ッ!)
という感じでいろいろ会話を楽しみました。

新型コロナウィルス感染予防のため3/13(金)も今日まで
オンラインでも上映中のようです。
今日は仕事を少し早めにきりあげてご自宅のリビングで、
お子さんたちと一緒に観てみるのはいかがでしょうか?

(オンライン上映会は現在終了しています。) 

【今週のオススメ商品】
新年度に向けて、お仕事道具を一新しませんか?
上質なインド産牛革を使用した24rhythmのPCケースは、
正面は光沢のあるマットな質感に、
裏面は草木模様を型押ししたデザインになっていて、
持つ面を変えることで、2つの違った印象を楽しむことができます。
卒業祝い、入学祝い、就職祝い用として
ギフトラッピングをしてお届けいたします♪