2020/09/11 21:00



先週末、アーティチョークを初めて食べました。

以前友だちとスーパーに行ったとき、野菜売り場にアーティチョークが売ってあり、
「私、これ食べたことないの。どうやって食べるの?」
と尋ねたところから、アーティチョークナイト(笑)を催すことに。

これ、花なんですよね。
調べたら和名はチョウセンアザミというそうです。


準備は、大きめの鍋にたっぷりと水を入れ、塩やレモンを加えて30分程度茹でるだけ。

食べ方はというと、花びらを手でひとつづつ取って、その付け根の柔らかい部分のみを前歯でしごいて食べます。

真ん中に向けて食べ進むうちに、花びらが薄くなり食べられる部分が減るので、残りの花びらをごっそり取って、雄しべ雌しべもむしってしまいます。

すると、花托部分(雄しべ雌しべがついていたベースの部分)が出てくるので、それをナイフとフォークで食べるのです。

ゆり根のようなほっくりした食感に、マスタードとバルサミコ酢ベースのソースのすっぱさがうまくからんでとても美味しかったですよ♪

お喋りしながら、お酒を飲みながら、パクパクと食べてしまいました。


これを最初に食べた人は、どうして食べようと思ったんだろう?と、こういう少しおもしろい食べ物に出会うたびに、人間の食欲の凄さを感じます。


スタッフマサコ

【今週のオススメ】
植物由来成分&オーガニック 認証成分を使用して、スキンケアアイテムやアロマ製品を
製造・販売するアロマティークオーガニクスのオイルセーラム。
秋になると乾燥が気になり始めるので、いつのもスキンケアにプラスしてみてはいかがでしょうか?
仕上がりがしっとり、肌触りが変わりますよ♪