2020/09/18 00:00

キャンプで欠かせないのは、やはり焚き火。⁠
焚き火を囲みながら、みんなでおしゃべりするのも楽しいけれども、最後まで一人残って、火が小さくなるのを見届ける焚き火番も嫌いじゃない。⁠
ゆらゆら揺れる炎を見ながら、⁠
最初はなにかを考えたりしているのだけど、⁠
いつのまにか頭の中がからっぽになって、気づくと「無」の状態になっている。⁠
この感覚ってなにかに似ているなと考えたら、⁠
月1で続けているヨガの瞑想状態に近いのだなと気づいた。⁠
私はどちらかというとボーッとするのが苦手なタイプ。⁠
まわりからはボーッとしているように見られることが多いのですが、頭の中は実はいつもクルクル動いている。⁠
だから、頭をからっぽにする時間を半強制的にとることで、深い癒やしが得られて、リフレッシュ&パワーチャージできる。⁠
焚き火をしないキャンプなんて考えられないわ!⁠
と感じていた理由がちょっとわかった気がした。⁠
みなさんにとって欠かせない時間はなんですか?⁠
(店長:オノリナ)⁠

【今週のオススメ】
秋のアウトドアにおすすめのポータブルエッセンシャルディフューザー。
虫除け効果のあるエッセンシャルオイルのボトルをセットして、持ち運ぶことができます。